2013年10月17日

【閲覧注意】Odi et Amo【がくっぽいど】

よく私の曲にイラストを描いてくださってる絵師のかのさんとコラボ曲を作りました!
がくぽ×がくぽのツインボーカル、アップテンポなゴシックロック風?です。


【閲覧注意】Odi et Amo【がくっぽいど】


17作目(オリジナル13作目)
うp日:13/10/16(かのさんのアカウントでのアップです)
ストーリー・作詞・イラスト・動画・がくぽ兄調教:かの
ストーリー・作詞・作曲・がくぽ弟&コーラス調教:息吹(であずP)
使用VOCALOID:がくっぽいどV3 Native(兄・コーラス),Power(弟・コーラス),Whisper(コーラス)


▼MP3▼
原曲(ボーカル入り)


カラオケ(ボーカル無し・コーラス有り)



▼歌詞▼ ※動画には表記されていないものも含まれます。

『Odi et Amo』

Nec possum tecum vivere, nec sine te.
Odi et amo, aeternam.

あぁ 暗い森の奥深く
佇む背徳の楽園

搦め合う指の 向こう側
燃えるような眼を見てた

優しい微笑みを求めて
この腕伸ばしてみても

僕が映らないのなら
消えてしまえばいい

愛して

繰り返される惨劇は
あの日も見た情景

紅い果実 壊れて
美しく 崩れ堕ちていく

もがく程 刻まれていく
罪の証を 愛と知ったなら

狂おしく 求めればいい
刹那の夢に 溺れて

あぁ いつまでも 
苦しくて 切なくて


あぁ 暗い園の奥深く
佇む背徳の人形

並べた果実の 向こう側
歪む眼が愛しくて

気づかないふりして
ただひとつの愛 望んでたけど

優しいその両腕に
飼い慣らされただけ


繰り返される惨劇は
あの日に似た情景

「怖くないよ」
この暗い世界で 囁いた

光失くして 見つけた
優しい貴方の声

Jucunda memoria est praeteritorum malorum.
Odi et amo.

繰り返された惨劇は
この日終焉を告げ

青い果実 壊れて
甘やかに 崩れ堕ちていく

もがく程 ちぎれていく
罪の証を 愛と知ったから

狂おしく 求めればいい
最期の夢に 溺れて

あぁ いつまでも 永遠に 抱きしめて

その腕も その足も 差し出して 甘えて
少しずつ 消えていく 君をただ 愛してる
posted by ibuki@であずP at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | オリジナル曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。